読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BLUEONEBIRDBLOG

漫画や釣りの話題など。

桜玉吉著 酸 アルカリ

自分の昔からのファンである桜玉吉さんが今月に新しく単行本を出していたということを知り、早速買いに行きました。タイトルは「酸」と「アルカリ」という名前。今までにない独特な題です。この本は通常の日記漫画ではなくすべて4コマ漫画のようでした。

 

sann

4コマも笑えます。この漫画は月刊誌コミックビームで連載している漫画です。財政状況が厳しい?などという噂があるコミックビームですが、最後のコマにコミックビームを宣伝する文が必ず載っています。そんなに売れないのでしょうか?コミックビーム。自分ももちろん手にとって読んだことがありますが、絵柄が個性ある漫画家さんが多く、絵本調で描かれた漫画もあって幅広い漫画がのっている雑誌だと思います。

必ずしもメジャーではないけれども月刊IKKIなどのようにこの雑誌でしかないオリジナリティーが作品にあって根強いファンもたくさんいそうだなという気がしました。

自分は玉吉さんの本はほとんど持っているので御緩漫玉日記にものっている4コマもこの酸、アルカリにはのっているようだったのでちょっと残念だったのですが、ほとんどは新しい4コマだったので楽しめました。漫画家さんの生活をこの本で見ると、憧れが強まります。(とても悲しくなってしまうようなネタもあるのですが)

桜玉吉さんの作風は近年、自分の身の回りで起こったことを事細かに執筆するエッセイスタイル(ネタなんだろうなという話もあるけれど)です。いわば私生活を切り取って作品にしています。わざとネタを作るために行動することもあるだろうし、この人心意気は芸人のようなものだなと最近思いました。

しかしそのスタイルからか精神的な負担もけっこう大きいようで、たびたびもう描けないというような事がかいてあり、現在玉吉さんは連載は持っていないと思われます。たぶん。うつ病を公表している漫画家さんの一人でもあります。

自分が玉吉さんの漫画で一番好きなのは「しあわせのかたち」という漫画です。自分が漫画家を目指すきっかけにもなった作品です。雑誌ファミコン通信で連載していました。御緩くらいまでくるとほんとに赤裸々な?過去までのせるようになり、面白いです。

桜玉吉さんはおそらくつげ義春さんの影響を多大に受けている作家さんだと思われます。ご自分でも作品のなかで言っていたような?黒を多く使った作風からもそうだと思うのですが、つげ義春さんは玉吉さんと同じくご自分の旅の様子などをエッセイ風に描いた作風で知られますが結局漫画は残念なことに現在描かれていません。

もしやつげ義春さんのようになることを自ら望んでいるのではないかと思ってしまうことがあるのですが、ずっと描き続けてほしい作家さんの一人です。

ファンのためにもはやく復帰してほしいと思います。

御緩は若干ハードな内容なので、もしも玉吉さんの作品を手に取ろうと思った方は防衛漫玉日記あたりからをおすすめいたします。

広告を非表示にする