読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BLUEONEBIRDBLOG

漫画や釣りの話題など。

久々サーフシーバス

シーバス釣りに行ってきました。久々にゆっくり釣りができるということで興奮して眠れなくなったりしました。ビッグなシーバスをかけている夢でも見たかもしれません。今回のターゲットエリアは主にサーフです!この時期大型のシーバスがかかる場所です。きくところ出れば60からのサイズといいます!気合バッチリ準備万端!

 

 

潮は最初が上げ潮で数時間で下げ始めます。夕方から釣り開始!今回使おうと思って用意していたルアーは主にリップレス系ミノーたち。あまり波がなかったらシンキングペンシルも使ってみたいなーと考え用意しました。フックはST-46の4番サイズに変更!大きいのでたまにフック同士絡まるけど大丈夫だろう。ビッグシーバスがかかっても多分伸ばされたりしないでしょう。

 

夕方入ると何台かの車が。釣れているという事でしょう!現場で用意をしているとあっという間に暗くなってきます。今回は普段使っているリールが壊れているので大き目のを友人に貸してもらうことに。始めはサスケ裂波をキャスト!波打ち際には藻が多く、けっこうルアーが藻を拾ってきます。集中力が途切れますが丁寧に1回ずつ取ってキャスト!

 

裂波はミノーの中でもとにかく飛びますが、この場所だと岸際で砂底をズリズリ引きずってしまうのでルアーをもっと潜らない買ったばかしのデュエルハードコアリップレスミノーに変更!カラーは取りあえずナイトゲーム信頼のチャートカラーで。

 

この場所でこれだと岸際まで底を引きずらずに引けてヒットチャンスも多くなるかもしれません。波打ち際も夜はシーバスがヒットしやすいと何かのサイトさんで見たし。潮は上げ潮潮止まりです。しかも夕間詰めのゴールデンタイム。

 

明かりが遠いのでゆっくりとスローリトリーブで引いているとやや岸よりでコッという反応!その瞬間大合わせ!その瞬間竿が軽くなっています。ふわ~っと流れてくるライン・・。合わせ切れしました。

 

今回の釣りのテーマは「合わせ」で、今年バラしてきたシーバスはドラグ調整不足や合わせの足りなさでバラしてきたと感じています。違う魚ではありますがシーバスはブラックバスと同じ種類の魚で一部口が硬いところがある魚です。少年時代からやってきたバス釣りと同じような合わせを決めないと硬いところには刺さらないのでしっかり合わせを決めよう!そう考えてきたのですが・・。

 

すぐさまラインを組みなおしてもう一つあるハードコアリップレスをセットします。今度はフェイバリットカラーレッドヘッドです。遠投していきますが波打ち際がやっぱり怪しいということで波打ち際にルアーを泳がせます。岸際で深くなっているあたりを通った時にゴゴンと竿先が引き込まれるバイト!

 

思いっきりフッキング!また合わせ切れしました・・・。

 

友人にきくところドラグがきつ過ぎるのではないかという事・・。ラインはいま自分が使っているのより細いし、やっぱり慣れてる自分のタックルでないといけませんね。

 

その後はルアーを変えて小移動しても反応なし。という事で上流へ!サーフで釣りしてると真っ暗の中で波を見てると心細い気持ちになります。一人だとあまり来たくないかも・・。

 

川はいくらか濁りが入っています。入ろうとしたポイントには投げ釣りしている方がいました。近くで釣りますがボイルもベイトの気配もなく魚の気配なし。ゴミがけっこう引っかかってきます。場所移動!

 

近くには入れるところを探すと外灯のあるキャストできる場所を発見!そこでルアーを投げていきますが、ベイトは少し見えたもののシーバスの気配はなし。数年前この時期メーターが出たときいたポイントですがどのルアーでも反応を示さずこの場所で終了を迎えました。オッパ川・・相変わらず厳しい川だ・・。たまにいい思いさせてもらいますが。

 

新しい場所も開拓できたし、釣れなかったけどいい釣りできました!ゆっくり竿を振れて肩こりがぶっ飛びました。自分のリールが復活してまたハードコアリップレス仕入れたら出撃します!

広告を非表示にする