読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BLUEONEBIRDBLOG

漫画や釣りの話題など。

お気に入りホワイトご紹介

自分の使っている漫画の修正に使うホワイトをレビューしてみたいと思います。いままで何個か使ったのですが、2種類を主に使用しています。同じホワイトでも修正すると上からはインクで描けない白抜き修正専用のホワイトもあり、注意が必要かもしれません。主に上描きできるホワイトを使っています。これからホワイトを選ぶ方の参考になればと思い、記録してみます。

 

howa

 

マクソン コミックインク水性ホワイト

 

耐水を使うまで主力ホワイトでした。上からインクを乗せることができますが、完全に乾いた後から描かないと線が太くなります。消した絵の黒さがなかなかなくならない時はホワイトを多めにのせる感じだと消えやすいと思います。

 

とても筆のすべりがいいホワイトインクです。ですので黒い下地に白く線を入れるときはこのホワイトがお気に入りです。

 

 

howa2

マクソン コミックインク耐水ホワイト

 

最近使用し始めました。上から描いても線が太くなりにくく、気に入っています。しかし普通のインクで描いた絵が乾いていないとインクとホワイトが混ざって黒くなります。少し時間を置いて使わないといけない気がします。耐水なので乾けば水に流れません。

 

 

主に場面場面でこの2つのホワイトを交代で使っているのですが、思わぬところでいい修正アイテムがあります。

howa3

ユニ 修正ペン

 

普通の文房具の修正液で漫画用ではありませんがこれがまたいいんです!さすがに際どい細部の修正には筆で描く方がいいですが、この修正液は乾くのが早い、上から描いても線が太くならない、キャップを開けるだけでお手軽と3拍子揃っています。おおまかな修正をする時はこれを使用しています。

 

 

それぞれホワイトにも特性があるようなので使い分けすると結構いいかもしれません。他にもホワイトはたくさんありますが、上からインクで描けるものを探すと種類が絞られます。

 

またお気に入りの画材をご紹介してみたいと思います。

 

コミック画材が詳しく書かれてある本は美術出版社の「10ステップで完成!今すぐマンガが描ける本」がおすすめです。

広告を非表示にする