読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BLUEONEBIRDBLOG

漫画や釣りの話題など。

バークレイ大会

ロックフィッシュ大会に参加してきました。タックルも準備も揃え、準備万端!いざ島へ!今回の大会はみなさん百二三十人の参加者がいたようで、ギリギリのエントリーでした。

 

開会式が始まり、開始の合図で走ります!・・が先頭を走る方たちはあっという間に見えなくなり、息が切れてくる始末。でもできるだけ早めに歩いてポイントへ向かいます。

 

 

下見をしたとき入った浜に入ったのですが、大会開始の時聞いていたように波がすごい・・。でもまだ大丈夫だろうとポイントに入るとすごい波!下見の時に入ったポイントまでは波を大きくかぶっていて危険。1歩下がって釣りをします。人があまりいないのが気になります。

 

15gのブラスシンカーにパルスワームをセットしてキャストしていきますが、岸際ではルアーがうねりに飲まれ、なかなかアクションできず。流されまくります。

 

少し重くして、プラの時にヒットしたナツメの6号で釣りをしますが、アクションするのになんとかギリギリといったところ。その頃、仲間がキーパーサイズをヒット!遠投して波の影響があまりないところでのヒットだったようで、岸際は厳しそうです。5号では流されまくり、7号では底を引きずりすぎてうまくアクションできず。6号がベストな感じでした。波に押されてラインを岸際の岩に取られ、ラインブレイクします。

 

自分のタックルでは遠投は無理。波が収まることを祈ってキャストし続けますが、周りではアタリがあるものの自分には数回ワームを取られただけでバイトがほとんどないという状況。上げ潮で潮位は高くなり、ますます波をかぶる様になり、釣りをする危険も感じ始め移動を決めます。

 

今度向かうのは漁港です。この波でも漁港は静かだったので、さっきのポイントよりはまだいいだろうということで向かいました。他のポイントはあまり候補がなくここでキーパーサイズを狙います。

 

漁港は逆に静か過ぎる感じでした。今度用意したのはスピニングタックルです。魚をかけやすい様になるべく軽いジグヘッドで釣ります。漁港の内側でもバイトはあるものの、ミニサイズなのかまったくフッキングできなく、バイトもなくなったので外洋側に出て釣りをします。セットしたのはジグヘッド10gにパルスワームのルートビアゴールドです。プラの時にいい調子だったのもお気に入りのこのカラー。

 

やや遠めにキャストして岸壁の影辺りを通過したとき、リフト&フォールでゴッゴッゴ!という竿に重みが乗るアタリが出てフッキング!重みがある!キーパーサイズか!?くるくると回りながら浮かんできます。・・あれ?カジカか?

 

ベッコウゾイでした。久しぶりに釣ったな。しかしわずかにキーパーサイズには届かず・・。検量はできないし記念に撮影。

soi

 

漁港内では何匹かネウや他の魚が出たようでしたが、時間がきて終了となりました。そして閉会式へ。やっぱり釣っている人は釣っているんですね。入賞者の方々はすごいウェイトでした。残念ながら抽選の景品は当たらず。しかし大会楽しかったのであっという間でした。上位の方々のコメントは次の参考にさせてもらおうと思います。

 

今回はこの波がなかなかの曲者でした。次は1匹ウェインインしたいですね。みなさんお疲れ様でした。

 

 

 

 

今回のヒットルアー

バークレイ パルスワーム ルートビアゴールド 10gジグヘッド

parusu

広告を非表示にする