読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BLUEONEBIRDBLOG

漫画や釣りの話題など。

個人的映画レビュー続き

また面白かった映画ご紹介します。

 

「96時間」

主人公のブライアンは元CIAの工作員。CIAの工作員って何をするのかよく分かりませんがこんなに強いの!?というくらい強い。その上感も働くし医療的な事もできる。コマンドーランボーとかスティーブンセガールのアクション映画などとジャンルは同じ映画なのでこのジャンルが好きな方にはとてもお勧めです。

 

 

ストーリーは単純明快で、まさにテーマは強い親父。でも普段はなんだか肩身が狭い。主役のリーアムニーソンはK-1のサムグレコに似てると思ってしまいました。

 

悪人には一切の容赦を与えないブライアン。子供を助け出すためにどんな手段でも使い、マフィア顔負けの怖さです。

 

ちょっと強いくらいの人間は全く敵わない無敵の主人公。物事を推理しながら進む物語よりも自分好みの作品で、今回見た映画の中で1番面白かったかもしれません。

 

「ウォーリー」

劇場で映画を見たときに予告が流されていて気になっていたディズニー映画です。予告編で説明されたあらすじは遠い未来の地球で一人ぼっちで取り残されたロボットのウォーリーが宇宙から現れるイヴと出会って起こる物語という感じでした。

 

CGがとにかくきれいですが、ウォーリーのちょっと古びた金属の感じの質感もなんか好きです。セリフはあまりないので前半部分は特に映像だけで楽しめます。セリフでなく画で説明するってこういうことですね。前半部はとにかく人がいなくてロボットしかいないという状況に新鮮味が残りました。

 

自分の印象としては子供から大人まで楽しめるハートフルなファンタジーという感じがしました。ウォーリーとイヴがなんで急に仲良くなったかがあまり分かりませんでしたが、ウォーリーは久しぶりに会話をしたり意思を交わせる相手ができて自然なものなのかもしれません。

 

イヴは女性という感じがしなかったんですが名前は女の子っぽいですね。ディズニーのアニメはあまり見なかったんですが「魔法にかけられて」もおもしろかった記憶がありますし、また見てみたいです。

 

 

 

まとめ

いや~今回は全部おもしろかったです。「96時間」も続編の噂があるようですし楽しみです。まだまだ傑作と呼ばれる映画で自分のみていないものはたくさんあるので少しずつみていきたいです。キューブリックの映画を制覇したくてまだ見ていないアイズワイドショットを探しているのですがなかなかなくて残念です。次のレンタルセールがまたのチャンス!

広告を非表示にする