読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BLUEONEBIRDBLOG

漫画や釣りの話題など。

ソイ釣りunder the star sky

釣り

前回女川にルアータックルとエサ釣り道具を持っていったものの、水温がまだ高くてよくないという情報の通りワンバイトあったのみで残念ながら釣果は撃沈。今年海で1匹釣って海での釣り収めをしたいものです。

 

 

朝起きると連続してみる悪夢を憶えていて、いやな寝起き。そんな気持ちを吹き飛ばそうと海に癒されに行ってきました。今年の海釣りはおそらくラスト釣行。来年の春か夏までは海で釣りをすることはないかもしれません。1匹魚の姿を見たい。そんな思いで準備をして出発。夕間詰めくらいから夜も含んだ時間帯です。

 

狙いのポイントは割りと近所、車で数分の防波堤です。くれば必ず釣り人が並んでいる人気の場所で、釣り人がこの日も結構います。空いている場所に入ります。まずはセットしたベイトタックルにブラスシンカー1/2オンスにパルスワーム。リフト&フォール中心にたまにシェイクしてみたりスイミングさせてみたりします。他のワームも使ってみます。

 

段々と日が傾くにつれて暗くなってくる辺り。そろそろヒットしてもいい頃合です。しかし周りでも釣れている姿はなく、ルアーは沈黙。潮の動きは大きい日で流れがありますが、ポイントによっては軽い重りでも底を取れるのでスピニングタックルでやや遠投してみることにします。

 

日は完全に落ちていますが防波堤の反対側はまだ赤い明かりが空に残っています。めいいっぱい遠投して届く辺りにいい流れがあり、そこを狙ってキャストしているのですがシンカーを軽くしても相変わらず反応はなし!食いが渋いのか?魚がいないのか?釣り方がわるいだけなのか?空には一面の星空。釣れなくてたまに空を見上げます。

 

小移動して信じたワームを選びます。明かりはないですが地味めなカラーのカモで。ワームはやっぱりパルスワームです。テトラがありその付近を丁寧に丁寧にネガカリを外しながら探っていくとぶるっと怪しい反応が出ます。魚か?

 

そのテトラの沖側のほうをできるだけ遠投して水中のテトラの上をリフト&フォールで探ってゆきます。手前まで引き終わり、手前の根まで通してきて大きくフォールさせた瞬間、ドンッというバイトにフッキング!竿に重みが乗っています。根にかからないよう強引に引き寄せます。浮かんでくる魚体。そのまま竿で引き上げます。

 

soi

かかったのはベッコウゾイ。

 

大会の時釣ったサイズより数センチサイズアップ。26センチでした。シンカーは5gのテキサス。その後周りでも反応はなく、大きく移動を決めます。数年前はもっと魚の数が多かったそうです。魚の数はどこでも減ってきているのかもしれません。

 

 

今度の場所にも釣り人はたくさんいます。えさ釣りの方が多いみたいでした。遠くに見える光で意外と足場が明るく照らされています。

 

しかし魚の反応はここでも薄く、同行者に1匹出たのみで終了を迎えました。この辺りではさっき見えた星空は見えなくなっていました。

 

 

 

 

「さっきのソイはお星様のプレゼントなのかもしれないな」

 

「きっとそうだ。お星様、ありがとう・・!」

 

ウソです。そんなロマンチックなことをいう人はいませんでしたが、防波堤を後にしました。相変わらずきれいな夜景でした。

soi

 

 

 

今日いい詩を見つけました。頑張ってもなかなか成果が出ないことっていろんな人にあることだと思います。頑張ってもいい成果が出ないのは神様がもっと努力を重ねなさいというお告げなのかもしれない。そんな言葉がのっていました。

 

自分はいろんなことを頑張っている内に入るのか分かりませんが、もっと少しでも頑張ってみよう。そんな気にさせてくれる素敵な詩でした。よし、寝よう。

 

 

今回のヒットルアー

 

バークレイパルスワーム カモ 5gテキサスリグ

広告を非表示にする