読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BLUEONEBIRDBLOG

漫画や釣りの話題など。

ブルックにリベンジ!

管釣りに行ってきました。おそらく今年最後の釣行。釣り納めです。だったらマイブームの管釣りに行ってどーんと魚を釣って今年の釣りを終えよう。ということで文字多めにお送りします。

 

 

向かったのは蔵王にあるフォレストスプリングスです。1度釣りをしたことがあるのですが、ブルックトラウトを足元まで寄せたのにバラしたことがどうしても悔やまれます。最初はブラウントラウトだと思っていたのですが、完全に別な魚です。なぜブラウンだと思ったかというと魚体が茶色いからです。すごく綺麗な茶色をしています。しかしブルックトラウトとF1というブルックと岩魚の間の子が自分は区別がつかないので、ブルックだということにしたいと思います。

 

fore

 

家の近くはそんなに寒くもなかったのに、フォレストスプリングスに着くと肌寒い天気です。午後券を買います。正午からのスタートです。管釣り用に買ったラバーコーティングネットのデビューでもあります。早く魚をこれでキャッチしたい。

 

2,3人の釣り人がいるだけで場所に困ることはなさそうです。始めは上の層から探るために軽目のスプーンからキャストしていきます。しかしマス達は反応を示さず。次にミノーをトウィッチングで・・。クランク。いつものまず一匹出すためのパターンに反応は少なく、移動を決めます。

 

端っこにある山側のポンドに入ります。

fore2

しかしさっきのところよりも魚数は少なく、反応は同じ。こうなったらラン&ガンで口を使いそうな魚がいるところを探し出すしかない。

 

しかしその後回ったポンドではミノーのトウィッチングにバイトらしき反応は出たものの、バイトであった確信が持てません・・。ラインに魚が触れただけなのかも。フライ釣りの方々はヒットしていますが、厳しい状況であることは分かってきました。

 

その後1番反応があった最初の場所に戻って釣ります。クランクを引いていると猛烈なスピードでバイトしてきたレインボーが!しかしフッキングしません。シャロークランクでも底を引きずってしまいあまりよくありません。

 

次に小さめのスプーンでできるだけスローに引いていると少し追いかけてきて口をパコッと開けるマスがいるのですが追いきれずルアーをくわえるまでには至らず。縦のアクションを試してみます。すると群の中の数匹に反応大!しかし縦釣りで釣ったことがなく、食わせられません。

 

最近覚えたデジ巻きなど縦のアクションには反応が多いのですが食わせられないのが悲しいです。縦釣りは後で練習しないと・・。

 

ここで前回ブルックがヒットしたスプーンを取り出しました。なんでもいい、少しでも確率のあるルアーに賭けるしかない。時間は2時間過ぎそうです。降り出す雪、寒くて震えてきます。赤金の5gくらいのスプーンで結構昔に買ったものでどこで買ったのかも分からず、メーカー名なども裏に刻まれていません。

 

前回ヒットした流れのなかにキャストします。底手前まで3秒カウントしてリーリングします。流れの中からスプーンが出た瞬間でした。ぐっ・・

 

 

 

ルアーが止まります!魚だ!フッキングすると重い手応え・・。なんだニジマスか?少しずつ寄せてきます。

 

 

足元まで寄せて水面付近まで浮かんでくると茶色い魚体でした。見たことがある魚です。ブルックだ!頼む、ばれるな・・。足元のネットになんとか手が届いてネットインしました。

 

burukku

前回ヒットした魚ともしかして同じ?と思ってしまいましたが模様がたぶん違うので違う魚だと思います。しかしヒットした場所、ルアーが全く同じです。ブルックは岩魚と同じ種類ですが流れの淀みを好んでいるのかもしれません。おそらくオスの魚だと思うのですが口が大きく迫力ある魚です。50センチ手前くらいのサイズです。

 

 

buruappu

 

リリースすると流れのなかにゆっくりと戻っていきました。

 

その後またルアーを変えながらキャストしていきますが魚は出ず・・。足元をたまにみると50クラスのブラウンが泳いでいたりします。やっぱりここは魚のサイズが大きいですね。ここで3時間があっという間に経過して終了となりました。

 

ホットのペットボトル紅茶がうまく感じました。また来てみようと思います。でも今度は不忘に行きたいと思っています。

 

しかしこのスプーン、隠れたブルック必殺ルアーかも・・。メーカーも分からないのでかっこよく「名もなきスプーン」という事にしたいと思います。

 

 

今回のヒットルアー

nanasisupu

名もなきスプーン 赤金/イエロー 5g

広告を非表示にする