読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BLUEONEBIRDBLOG

漫画や釣りの話題など。

ターミネーター4

初めに使っていたブログがgooブログだったのですが、以前使っていた頃プレビュー画面と自分のパソコンの関係からか文字を打ちにくいようになってしまいこのブログに移転しました。しかし今編集画面を覗いてみるといろいろと改善されたようでなんとプレビューも隠して文字を打てるようになっていました!

 

 

gooブログは何ヶ月か放置してしまうとすべて消えてしまう仕様のようで今まで書いた記事がもったいないのでなんとか活用できないか考えていたのですが、また漫画に関するブログと釣りに関するブログに分けてやってみようかなと思っています。前のブログの日記などちょっとフレッシュな感じをとっておきたいですし。

 

以前2つブログを持っていたとき更新が大変だったのですが、どうしようか迷っています。またgooのほうは釣りブログにするかもしれません。只今試運転中です・・。来年に決めます!

 

 

 

 

 

ターミネーター4の感想を自分なりに記録してみます。今作は完全に未来の世界、最後の審判が起こってからのストーリーになります。前作の3はアクションは痛快であるものの運命は自分で決められない、というテーマがちょっとな・・という感じに思えてしまいました。でも4を見ると3のテーマはその下地になっていると思えます。

 

始めはターミネーターが現れるシーンがこのシリーズの定石ですが、普通の映画のような光景から始まります。しかし会話の内容はこの時聞いてもよく分らない内容です。だんだんとこの会話の内容が明かされていきます。

 

内容は予告でもある通り、機械と人間の戦いです。この戦いにどんなドラマがあるのか予想がつきませんでしたが、脚本というかこの映画の設定に度肝を抜かれいい意味で裏をかかれました。そんな発想でくるとは!という感じです。

 

主人公はおそらくこの映画ではジョン・コナーということになっていると思いますが、マーカスが主役に思えました。シュワちゃんは出演していませんが、映画の中でちゃんとファンに楽しめるよう登場します。その他、Ⅰで登場した人物も登場します。

 

はっきりいってこのターミネーター4の未来は地獄のような世界です。すごく絶望的なものですが、マーカスが現れることもありますが人間たちが団結して光が見え始めます。

 

途中のおばあさんのシーンでショックを受けてしまいそうになったのですが、救われました・・。ターミネーターは意外と器用です。この意味は見た方のお楽しみということで・・。

 

設定と書きましたが、このマーカスの人物像が素晴らしくカッコ良いです。途中途中、全然展開が読めずその意味でもすごく楽しめました。

 

まさに新しいターミネーターがテーマとされています。最後のシーンはやっぱり続きを匂わせます。5も楽しみです。

 

そういえば最近借りる映画はどういう訳か戦争に関するものばかり・・。次はちょっと違うジャンルを借りてみようと思っています。

広告を非表示にする