読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BLUEONEBIRDBLOG

漫画や釣りの話題など。

ニホンオオカミは生きているのか

オカルトとは神秘的なもの、という意味があるそうなのでこの話題をオカルトジャンルにしたいと思います。昔日本にもオオカミが存在しました。ニホンオオカミという中型犬くらいの大きさのオオカミで、明治時代に絶滅してしまったとされています。北海道にはエゾオオカミというニホンオオカミとはまた別な種類のオオカミもいたそうです。

 

 

ニホンオオカミの絶滅の原因はいろんな説がありはっきりとは断定できないのだそうですが当時外国から輸入されてきた犬からジステンバーや狂犬病などの病気が広まり、人間による駆除も行われてきた事が主な原因とされているみたいです。そして日本が経済成長をしてきてオオカミの住む森林や山などの開発が進み、住処を追いやられていった事も大きな原因でした。

 

狼と聞くと、すごく怖い存在で人や動物を襲うというイメージが自分にもあったのですが実際のオオカミは動物や家畜を餌にする時は襲って食べますが、人に危害を加えることは特異な例を除いてほとんどないのだそうです。犬はオオカミの血を引いていると聞きます。元々犬はオオカミを飼い慣らしていったという事であれば、オオカミも人に馴れる動物なのかもしれません。

 

江戸時代、人が山の中を歩いていると暗い山道でオオカミに後を付けられる事があったそうです。これは「送り狼」といわれていてテリトリーの中に入った人間を監視する役目のオオカミがその外に出るまで付いてきた事からそういわれていたのだそうですが、かえってオオカミが近くにいたほうが猪などに襲われる心配がなくなって怖くてもありがたいものだったそうです。

 

その昔、オオカミは農業の国だった日本で食害を起こす動物を食べる山の神様として崇められてきた事もありました。でも日本が外国文化を取り入れて大きくなっていく中で駆除されていった事は残念な事です。

 

 

 

何をいいたいかといいますと、なんとニホンオオカミが絶滅してしまったといわれる現代でもニホンオオカミの目撃情報があるそうです!数年前いろんなメディアなどでも騒がれたことがあります。その画像がこちらにのっています。しかしこれは犬だという説もあります。

 

ニホンオオカミを探す会

http://www.geocities.jp/canisyagi/wanted/photo.html

 

ニホンオオカミを研究されている方が「ニホンオオカミは生きている」という本を出版していたり、1部の人たちの間ではニホンオオカミは今でも生きているという説は有名で、とある山ではオオカミの遠吠えを聞いたという人もいて、日本にもオオカミがまだ生きているというのは完全に否定はできないかもしれません。

 

 

 

 

鹿などが増えて木が枯れてしまって生態系のバランスがわるくなってきている場所は今日本で多いと思います。なんと日本に外国からオオカミを連れてきて放そうという計画もあるのだそうです。最初これを聞いたとき日本にオオカミがまた住むようになるのもいいかもしれない、と思っていたのですが外国のオオカミが放たれれば日本にまだ住んでいるかもしれないごく少数のニホンオオカミはまたさらに住む場所をなくしてしまう事になります。

 

だいたい外国の生き物は日本古来の生き物より大きさが大きく、生命力も強いので大きな影響があると思います。

 

犬好きとしてニホンオオカミが生きているかもしれないという希望はずっととっておいていてほしいです。クニマスが発見された今の日本でまた絶滅したはずの動物が発見されてももしかしたら不思議ではないのかもしれません。

 

もののけ姫ってヤマイヌなどが出てくるしオオカミが日本からいなくなっていく課程を少し表現しているのかもしれない、となんとなく思います。

 

 

 

その他ニホンオオカミに関するホームページ

 

ニホンオオカミ「もどり狼」問題の真相

http://www.news.janjan.jp/area/0906/0906235636/1.php

広告を非表示にする