読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BLUEONEBIRDBLOG

漫画や釣りの話題など。

CGソフトについて

イラスト

CGソフトについて少し思うことがあり、語りに入ってみます。けっこう長い間アナログで絵を描いてきてアナログ派などといってかたくなにパソコンで絵を描くことを拒んできた時期がありましたが、今現在たまにフォトショップエレメンツというソフトで絵を描いています。

 

パソコンで絵を描くという言葉で浮かぶソフトが自分の中ではまずフォトショップで、いろんな世界的なアーティストの方も使用していて使用人口も多いソフトだと思います。

 

 

使ってみて気づくのはまずその機能の多彩さで、使い始めは数個の機能しか分からずまったく使いこなせませんでした。でもその数個の機能でも十分絵は描けると思います。今でもあまり分からない機能も多いのですが。この機能がまた奥が深く、フォトショイラスト本にある自由度が高く使う人の好きな描き方ができるという言葉の通り、まさになんでも出来ます。

 

ペインターはまさにアナログ的な描き方ができるそうだし、SAIもフォトショにないものを持っていたり。これってアナログとの垣根ってあるの?と最近感じます。いっぱい違いはあると思うのですが絵としてみると違いがそんなになくなってきているような・・。でもアナログはテクスチャーなど立体的に描いたりもできます。

 

パソコンの絵ってアナログと比べてちょっと機械的なイメージがあったんですが最近のいろんな絵を見るとアナログの温かみを持ったデジタル絵も見るし、映画のCGもそんな感じがします。

 

でもデジタル絵の短所はデータであるという事だと思っていまして、保存しているパソコンが壊れればせっかく描いた絵がパーです・・。それはバックアップを取ったり対策はあるものですがちょっとそこが危険です。

 

アナログは展示もしやすいし大きい絵も描けるし保存の仕方がよければ状態がわるくなってもけっこう永久的に大丈夫だと思います。でも大きい絵はかさばるしな・・。でもあくまで自分の原点はアナログだという事は忘れません。

 

 

漫画だってデジタル絵の投稿を受け付ける雑誌もあります。デジタル漫画はまだ未知の世界ですがトーン代がなくなるしちょっと気になったりもします。コミックスタジオミニがあるのでそのうち描いてみようかな。

 

 

流行ってるツイッターを始めてみました。いろんな方々の思っていることを見てみたりしたくて登録していますがラクガキを描いたりたまにつぶやいてみようと思います。ツイッターはこのブログのサイドバーに貼り付けてみました。 

 

ルールなどよく分からないのでちょっとづつ調べてみようと思います。

広告を非表示にする