読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BLUEONEBIRDBLOG

漫画や釣りの話題など。

どうしても釣れない時にすること

釣りをしていると魚に元気が無いときはいるはずの場所でもなかなか釣れません。そんな時自分はどうしているかをなんとなくつづってみます。あくまで自分的な方法なので・・。

 

場所を移動する。というのは有名な方法ですがこの方法を除いたものでまず一つ目に気をつけているのは、

 

 

丁寧に釣る事。

 

です。これは結構自分の中で好成績を出すやり方です。ワームだと丁寧にゆっくりボトムの状況が分かるくらい探るとバイトが出ることが経験上たくさんありました。

 

これは魚の活性が低い時ルアーもゆっくり動かさないとなかなか反応してくれない時が多いからだと思います。リアクション系の釣りは苦手なので。(でもたまにライトリグはうまいねといわれます。)

 

しかもこのボトムの状況が分かる、というのも魚の居場所を探すためゆっくりとルアーを引く時の強みでもあると思っています。

 

魚がいるのに食わないときにけっこう有効かもしれません。

 

 

 

次に思いつくのは

 

何も考えないで適当に動かす事。

 

です。自分もそうなのですが仲間内などでもけっこう力んで釣るぞ~!という時よりもいい意味でぼーっとしながら力を抜きながら釣っているときに魚がヒットすることが多いとききます。

 

魚って殺気を感じられるんでしょうか。

 

少年時代バス釣りをしていてこういうことがありました。

 

バスブームで人が込み合い、やっと入れたポイントです。人が入った後かもしれません。ひたすらやっても釣れず。今日はボウズだな。と決め込んで話をしながら派手派手なピンクのワームでボトムをぴょんぴょん適当に動かしていました。

 

どれくらい時間が経ったか・・。1時間は過ぎていたかもしれません。突然夕間詰め前にビッグバイト。35センチくらいでしたがすごく嬉しい一匹でした。その日はその一匹だけでしたが、集中していないときに限ってそんなことがあります。

 

岩場ですが何も障害物がないところでおそらく回遊していた魚だと思うのですが、回遊している魚を釣るときはけっこう時間が必要なときがありますよね。そういうときはいいやり方だったりするかもしれません。適当だったのでちょっとリアクション的なものもあったかもしれません。

 

初心者アングラーがなぜか釣れる事があるのはけっこう語られる事ですし、何も考えないで適当に投げる。最近究極の釣法なのでは・・なんて思うときがあります。

 

 

 

根魚やらない人間ですが、いつか釣ってみたい魚がいます。それは金アイナメです。最初見たときはなんだこの色は!と思ってしまいました。すばらしい色です。

 

アイナメのオスが婚姻色をもったものです。

 

クレーという画家の絵に「黄金の魚」という題名の絵があります。

 

まさにこれだ。いつか釣り上げたいです。

http://www.google.co.jp/images?hl=ja&q=%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%80%80%E9%BB%84%E9%87%91%E3%81%AE%E9%AD%9A&um=1&ie=UTF-8&source=og&sa=N&tab=wi&biw=1078&bih=606

広告を非表示にする