読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BLUEONEBIRDBLOG

漫画や釣りの話題など。

黙祷

13日拍手お返事

放射能と余震でいろんなところで大変な状況ですが、早くこの余震が少しでもおさまっていってくれることは信じるしかないですね!生活など元通りに戻るときがきたらやりたいことがたくさんあります。それがけっこう大きな希望になっている気がします。

 

 

この地震で大きなものを失ってしまった方々はたくさんいますが、前向きになってきている人も少しずつ増えてきている気がします。

 

何年かかってもいいから被害を受けた土地の姿が戻っていってほしいです。ありがとうございます!

 

 

拍手お返事

もしかしたら近いうちにまた大きな地震が起こるかもしれません。昨日の余震もすごいものでしたし、くれぐれも気をつけます!

 

 

 

東日本太平洋沖地震から1か月の時が経過しました。地域の放送により地震発生時刻2時46分に黙祷を捧げることになり1分間の黙祷をしました。みんなこの一ヶ月間の間それぞれあったことを思い浮かべたのでしょう。

 

皆さんそれぞれ思いを持ってそれぞれの方法やり方で前に進んでいくのだと思います。少しづつでもいい、時には大きく前に進んでいきたい気持です。

 

 

 

地震が起きてからあまりテレビなど見れない時期もあり最近でもあまり見ていませんでしたが、福島の原発がレベル7であるというニュースが。

 

レベル7?まったく実感のわかない数字です。調べるとソ連で起こったチェルノブイリ原発事故と同じレベルだといいます。とんでもないことが今日本で起こっている・・。

 

チェルノブイリは数十キロの範囲にまで被爆者がでている最悪の原発事故。3月地震後は自分の住んでいる近くの原発の近くでも放射能が検出されています。チェルノブイリと福島の原発は作りが違い、条件は違うとしてもレベル7であるという発表にどうすれば・・。

 

ニュースでは放射能物質放出がチェルノブイリ原発事故の時の1割となっていますが、国際原子力事象評価尺度によりますとレベル7とは放射能物質の重大な外部放出とあります。

 

現地のみなさんはまさに何の情報を信じていいかわからない状況ではないでしょうか。

 

 

 

原発放射線に関する情報を探していたらとある動画を見つけました。

 

3月の地震直後の放送で、1か月近く前の放送です。しかし今現実に起こっていることも言われています。

 

ただこの広瀬隆さんはご自分の言っていることが当たらなければいいという事を前提に置きながらもこれからもしかしたら起こりえるかもしれない、ということで説明されています。

 

今は耐えるしかないのでしょうか。

広告を非表示にする