読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BLUEONEBIRDBLOG

漫画や釣りの話題など。

バーブレスかシングル

久しぶりに釣りの話題を・・。最近シーバス釣りでのシングルフックというものが気になり始めてきていました。調べてみるとなんでもリリースする場合、魚に対するダメージを減らしてなおかつフックが手に刺さったりする危険が減り、針が大きいので掛かってしまえばバラシが減るという感じの印象でした。

 

 

シングルフックは管釣りの時には現在でも使っていまして、なおかつ釣り場のルールでバーブレスにして釣りをしています。これはキャッチアンドリリースがルールとされている釣り場なのでやっぱり魚のダメージを少なくしてできるだけ魚を減らさないようにするためだと思っています。

 

管釣りバーブレスシングルフックを使ってみて感じるのはフッキングの確率はやっぱりちょっと減るのかなという印象です。主にミノーやクランクですが針が左右にブレるので針先も一定の位置にはあらず、大体2,3回いいバイトがあってそのうちの1回でフッキングできるという感じがします。

 

わりと小さな一口サイズくらいのルアーだと結構フッキング率は高いような・・。

 

バラシについてですがロッドを曲げてラインをきっちり張ってさえいればそんなにはバレません。ただし魚のサイズが小さくて動きが早いほどバレやすく、バレが多いのは自分の場合ランディングの時です。

 

 

せっかくかけた魚、できればバラしたくないのでシングルフックをシーバスに試してみることを決めてシングルフックを買ってトリプルフックと交換しました。

IMGP1050.jpg

 

そしてやっとシーバス釣りに出動!潮の感じからも朝にもワンチャンスありそうで朝間詰めを狙ってのデイゲームです。

 

ミノーもシングルを付けているのですが4時くらいでももう明るくなってきているのでまずパイロット的にバイブレーションの早巻きで狙います。

 

まず同行者が70クラスをヒット!でも残念ながらもバラシ。でもこの状況は期待できます。周りでもヒットしている方が。

 

狙いのボトムから中層、たまに浅いレンジを引いていきます。おそらくこの1時間後くらいに1番の時合いがくると読んでその時間帯に1軍ルアーを投入します!

 

ボトムからの早めの巻上げにその時合コツコツとバイブレーションに口を使い始めるシーバス。自分のロッドにもシーバスのバイトが多くなってきます。

 

ボトムから少し浮き上がり始めた時、ゴッ!と深めのバイト!・・が乗りません。さらにこのパターンで引き続けます。

 

10分後くらいにまた深いゴッ!というバイトが出たのですがこれも乗らず。その数分後にはガガン!というハンドルから手が離れるでかめのバイトが出たのですが残念ながらもこれも乗らず・・。おそらくトリプルだとかなりの確率でのっていた気がします。まだまだ下手な自分ではシングルフックの釣りは上手くいかないようです。

 

数時間という時間でしたが今回の釣りでのシングルフックの感想としては人のアドバイスやいろんなブログ記事などを参考にしてみるとバイブレーションの早巻きなどフックの動きが大きくなりやすいアクションではけっこうフッキング率は下がってしまうのでは・・という印象でした。

 

これがナイトゲームのスローリトリーブだったらどうなるのかまだ分かりません。ミノーのシングルも試してみたいです。

 

ルアーの片方をシングルにして片方をトリプルもいいかもしれない・・。試したいことはたくさんあります。

 

 

という事でバイブレーションはトリプルのバーブレスにしてみることにしました。シーバス関連雑誌を開いてもいろんなプロがバーブレスフックにしているのを見かけるし。バーブレスの強みを考えてみると・・。

 

・フックを簡単に外せるので次のキャストにすぐ移れる。なので短い時合を逃しにくい。

・リリースする場合魚のダメージを少なくできる。

・服や人に刺さってもその場で抜くことができる。

・シーバスの口の硬い箇所にフッキングしやすい。

など

 

短所はラインを緩めてしまうとどうしても外れてしまう、ということだと思っています。

 

シーバスがヒットするタイミングは短いことも多い気がしますし、一番の強みはフックを簡単に外せて次のキャストに移れることだと思っていますので次の釣りに試してみます。

 

 

シングルフックの強みも絶対にあるはずですし、バラシが減るという事を信じてまたシングルフックでのシーバス釣行にも出かけてみます。

広告を非表示にする