読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BLUEONEBIRDBLOG

漫画や釣りの話題など。

2015 ナマズ開拓&新戦力!

新しく鯰カテゴリ作らせていただきました。

これからナマズ記事はこちらに投稿させていただきますので

よろしくお願いします。

 

夕方にかけてのデイナマズに足を運んでいます。

 

 

去年よく鯰釣りへ行っていた水路があるのですが、

今年になって行ってみると水路の一部で工事が始まっていました。

 

1級ポイントは水を抜かれている状態。

 

残念ですがここにいた鯰達はどこかへ移動してしまったに違い

ありません。

 

一定の距離続いている水路なのですがその水路が続く端の方まで

走らせました。

 

繋がっていれば続く水路には鯰がいるはず!

 

少し前下見に来ていたのですがルアーに反応する

鯰が浮かんできて見切られました。

 

気温が暖かくなってきたこの頃、そろそろTOPに出るのではないか

と思っていました。

 

自分の鯰釣りの狙い方は主にストラクチャ―撃ちです。

土管の中や土管の口辺りにルアーを落とすのも

中に入り込んだ鯰を狙うのに効果的だと思います。

 

去年出た目ぼしいポイントを探りますが反応は得られず。

 

この水路での1級から2級ポイントを狙いに行きます。

土管ポイントです。

 

土管の口辺りへルアーを落とします。

すると水面が揺れ、何かの気配。鯰です。

 

ルアーの下から一気にルアーを吸い込みます!

 

ボシュッ・・!!

 

2,3秒待って合わせると重みが完璧に乗りました。

 

2015年初めてナマズを掛けました!これは逃がしたくない魚。

 

ウネウネとルアーを外そうとしますが暴れさせず一気に抜き上げ。

なかなかの重さでロッドのバッドをぐんにゃりと曲げて

上がってきました。

 

2015042117580000.jpg

サイズはわずか60まで届かない59㎝でした。

 

2015042117580002.jpg

フロントフックのダブルフックをがっちり噛んでいます。

 

IMGP0532.jpg

ヒットルアーはいつものこのキャタピー

 

次に続く魚はあるか。しかしこの水路は短い!

 

 

こんな時は開拓あるのみ!

 

グーグルの地図や航空地図とにらめっこして鯰ポイントを探します。

 

ここはどうだろうか。ここはいるかもしれない。

 

そんな事を考えながらいいポイントがありそうな河川の近くの小川、水路を

沿って車を走らせました。

 

初めにいい川を見つけ、水門まで行くと少年が釣りをしています。

ルアーはシャッドテール。鯰ではないけどこの辺りにバスがいるという事は

鯰もいるかもしれない。と思い、さらに走る!

 

土手に入ったのですが草が多く生い茂っていて車の底を擦ります。

これは帰れるのか?という道まで通ったのですが、

川は続いています。

 

土手を抜けると良さそうな小川がありました。

 

こうなると鯰の旅です。でも暗くなるまで探せばいいポイントはどこかにあるかもしれない。

 

この小川もいいですが、鯰を確実に取れる魚影の濃いところを探します。

 

小川をたどって小規模な水路を探すと田圃道の中にここは!

というところがありました。

 

川幅もいい。葦も茂っている。しかも水路に囲まれています。

 

邪魔にならない所に車を留め、ルアーをセット。

 

お馴染みキャタピーです。

 

水路が交差している暗部にルアーをそっと落とします。

すると魚体が浮かんできてボシュッとルアーが沈みます!

 

やっと会えた鯰!

 

しかし前釣った鯰の重さでフックが曲がっていたため

乗らず。3回ほど出ました。

 

夕暮れが迫る頃、辺りで鯰の捕食音がしてきます。

 

主に葦際で聞こえてきます。

 

なんとか魚影の濃いポイントを見つけ出すことができました。

 

流れがややあり、キャタピーが泳いでくれません。

 

バイトがあったのは流れがない水路の交差地点です。

 

あちこちで捕食音が聞こえるというのにバイトが出ない

もどかしさ!

 

この日は開拓する目的だったのでこれで帰って

後日また同ポイントへ向かう事にします。

 

友達に相談したところ、水流のあるところでは

スミスのバタピーがいいよ。

そう言われ、急遽流れに強いバタピーを

買う事に。

 

あそこのポイントではこれで間違いないはず。

 

夕方前ポイントへ向かってみると水路に田んぼの水が

流れ込んでいて増水し、一部の葦が流されて埋まっています。

 

ちょっと厳しいか?

 

そう思ってバイトの出たポイントへバタピーをキャストしますが

反応はなし。

 

歩き回って様子を伺います。

永遠と続く水路。しかしなかなか反応は出ず。

 

帰り際に橋上から岸際へキャストして引いてくると

ボシュッ!大きめのサイズのバイトがやっと出ます!

 

しかしこれはのらず。

 

今日はだめか。夕暮れが迫り暗くなってきて帰ろうとしました。

 

帰りがけに上流に来てみると水がいくらか綺麗。

 

しかもいい感じの橋が架かっています。

 

ここから投げれば出るかも。

 

一投目。

 

葦際を通すと、ボシュッ!!

 

今度はのりました。

 

一気に抜き上げ!

 

IMGP0520.jpg

サイズは40ちょっとくらいでしょうか。

しかしなかなか出ない中、満足の一本です。

 

IMGP0521.jpg

フロント、リア、二つがっちりフックアップしていました。

 

すると後ろから作業をしていたおじさんの車が。

 

鯰釣れたのか?

 

はい。釣れました~。

 

ここは鯉もいるんだぞ。

 

そうなんですか。ここで見た事あります!

 

鯰は食うのか?

 

いえ。逃がしますよ。

 

 

そんなやりとりがありました。

 

釣りをしているとたまにこんな地元の方とのふれあいがありますよね。

 

たまに釣りに有力な情報を聞けたりするのでよく話をきくようにしております。

 

今度もこの水路に行く予定です!

鯰の数釣り、サイズアップもしてみたいですね。

 

 

今回活躍してくれたスミスのバタピーとは有名ですがこのようなルアーです。

 

IMGP0525.jpg

2カラー揃えてみました。

 

IMGP0529_20150428205542fdd.jpg

キャタピーのチューニング記事にしました通り、バタピーも

チューン済みです。

 

IMGP0531.jpg

ヒットしたのはBRバックYLシケーダ、というカラーです。

 

キャタピーでは泳がない流れの中でも羽を揺らせて鯰にアピールします。

アップでもダウンでもよし!

 

キャタピーは主に止水用のルアーのようですが

バタピーは汎用性の高そうなルアーだと思いました。

 

このルアー達を持って今年は鯰探しに行ってみようと思います!

 

IMGP0528.jpg

広告を非表示にする