読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BLUEONEBIRDBLOG

漫画や釣りの話題など。

XREAにリサーチアルチザンライト設置メモ

久々に釣り以外の記事を書いてみます。

 

ホームページやブログに訪れてくれている人がどんなページに

興味を持っているのか。楽しく書いたつもりの新しい記事や

ページにどんな反応を持ってくれたのか。

 

 

サイト運営管理人の自分としてはとてもそこが気になるところなのです!

 

いろいろなアクセス解析がありますがサイトやブログに標準装備されています

解析もありますよね。

 

自分が今まで使った解析といえば、

 

初代は忍者アクセス解析(手裏剣クルクル)あと忍者アナライズ

 

googleanalytics(機能的には一番)

 

FC2アクセス解析(アイコンがかわいい)

 

accessanalyzer(現在のメイン)

 

QLOOK(高機能)

 

PHPを使った解析では

 

moguraplusX(設置むずかし~)

 

W3analuzer(精度が高いのかカウント数が多い)

 

など。

 

解析を見ていて楽しいのもありますが

取り替えながらいろいろ試してみたわけです。

 

今このブログに使用しているのはアクセスアナライザー

なのですが、時々サーバーが弱まりアクセス数がぽっかり

なんて事もありますがXREAが好きなので使用させてもらっております。

 

このブログはランディングページからエリア系の記事を探しにきてくれている人が

多いみたいですね。あとナマズ

 

 

最近PHPを使った解析が好きなのですがmogura解析での漫画、イラスト自サイトのアクセスが

少ない!もっと見てくれてるだろー。と思うほど少ないので(W3は相変わらず多い)

 

自分のサイトを分析できてもっといい記事やページが作れるように

自分に合うアクセス解析を探してみました。

 

そこで発見しましたのがPHP使用でデータベース設置型解析の

Research Artisan Lite(リサーチアルチザンライト)という国産

オープンソース解析。

 

無料です。アルチザンPROという有料で高機能のもあります。

 

これをどうしてもインストールしたいとバタバタしていました。

 

しかし結果はマニュアル通りに設置してもどうしてもデータベース接続画面で

つまずき、「データベース接続に失敗しました」の文字。

 

何度やってもとにかくデータベースに繋がらない。

 

よくマニュアルを読むとアルチザンライトの推奨環境は、

 

PHP5.1.x 以降、5.4.xまで

 

MySQL4.0 以降、5.5.xまで

 

で動作するとあります。

 

自分のサイトはサーバーがXREAなのですが

つい最近大幅サーバーメンテナンスでMYSQLバージョンが

5.6系になったばっかり。

 

これに引っかかっているのではないか。

 

ちなみにXREAはデータベースを1個操作することができて

無料でも1GBの大容量です。

 

PHPは5.3から5.6まで設定可能です。

 

 

 

MYSQL配布サイトからMYSQL5.5をダウンロードして

XREAPHPMYADMINにログインし、インポートしました。

(※この点については効果があったかは分からず、

その前にデータベースのバックアップ、エクスポートが必要です。

 

しかしデータベースサーバのMYSQLバージョンは5.6系のまま。

 

でもウェブサーバのバージョンが5系になっていました。(うろ覚えですがおそらく。)

 

XREA公式ページにこうあります。

 

1)下記の置換え。

TYPE=MyISAM → ENGINE=MyISAM

TYPE=InnoDB → ENGINE=InnoDB

 

sqlファイルにあるPHPファイルををこう書き換えないと動かないのをこのサイト様で知りました。

http://koredekaiketsu.blogspot.jp/2011/11/mysql5517-research-artisan-lite.html

 

こうしてファイルを書き換え。TYPEをENGINEに書き換えます。

保存文字コード形式はUTF8で。

 

しかしそれからデータベース接続してもダメでした。

 

 

あきらめようとしていたところに見つけたのがこのサイト様のページ。

ロリポップサーバーでのアルチザンライトの設置方法を丁寧に説明されています。

http://nyu-su22.up.seesaa.net/image/A5A2A5EBA5C1A5B6A5F3A5E9A5A4A5C8C0DFC3D6CAFDCBA1.pdf

 

サーバー直下に○ディレクトリファイル(文字はなんでも大丈夫です)を置き、その中に

・_crons

・public.html

・ra_core

の3つのファイルを設置するという方法で、公式の設置方法とは違います。

 

結果はこのサイト様の方法で見事にデータベース接続できました。

 

 

それと下記のサイト様からですがXREAサーバーの場合、xディレクトリにファイルを置かないと

自動広告が入りアルチザンが機能しないとの事でした。

http://nikkan119.blog31.fc2.com/blog-category-1.html

 

なので自分は、

XREAの最初からあるファイルアップディレクトリである/public_html

の中にxファイルを置き、その中に

・_crons

・public.html

・ra_core

ファイルを置きました。

 

settingファイルとlogファイルのパーミッションを777にして

からデータベース接続します。

 

XREAで気を付けなければいけないのはFFFTPでファイルをアップロードする時に、

ローカルとホストの文字コードをUTF8にしないといけない事です。

 

ローカルをSHIFT-JISの文字コードのままアップするとインストール画面にアクセスできません。

 

これはmoguraplusXやW3などのPHP解析でも起こりました。

 

インストールが終わって、タグを設置したら最後にsettingファイルの

パーミッションを555にして終了でした。

 

logファイルは777のままで大丈夫みたいです。

 

という事で現在のXREAサーバーでもリサーチアルチザンライトは

インストールできるようです。

 

1.18以前のアルチザンライトはセキュリティー面で脆弱性があるという事

でしたので1.18以前のバージョンは使用しないほうがよさそうです。

 

 

 

自分はサイトにwordpressを設置しているのですがwordpress用のいろいろな

解析がありましたね。

 

NEWSTARPRESS

 

PTENGINE

 

woopra

 

など。

 

個人的にwordpressのものは外国製なので

国産のものがしっくりきて好きですね。

 

そんなメモでした。

広告を非表示にする