読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BLUEONEBIRDBLOG

漫画や釣りの話題など。

ナマズにやさしい釣りをちょっと考えました

DSCN0104.jpg

ブログにこの鯰カテゴリを作ってからというものナマズ釣りについていろいろ考えている事があります。

 

今回はそれにつきましてちょっと。

 

この間、ナマズ釣りに出かけてきたのですが結果は2ヒット。

 

 

DSCN0104.jpg

キャタピークリッカー、いちごミルクでのヒットでした。57センチと58センチ。

 

DSCN0110.jpg

かわいい顔をしたナマズ君です。

 

しかし昔から問題に思っていた事が起こりそうになり、今回ブログにします。

 

 

自分はこの時ナマズルアーのフックはフロント(お腹側)がダブルフック、リア(お尻側)がシングルフックの2個付け

がメインのフックの付け方です。

 

以前の記事はこちらです。

過去記事キャタピーチューニングパターン

 

問題は今回の2匹目はフロントフックに掛かっていたのですがダブルフックが目の周り辺りを

貫通していました。

 

これは以前ダブルフックを2個付けしていた時にも起こり、きっと珍しい事なんだろうし

問題ないだろう。そう思っていたのですが、今回もそれが起こってしまい自分はリリース前提の

ナマズ釣り。考えてしまいました。

 

ナマズは視力が良くないとよく言われていますが、自分もそう思います。

 

結構トップの釣りをしているとミスバイトが多いからです。

 

ルアーをミスで飛ばしてしまったり、ルアーの隣にアタックしてくる事もあります。

ヒゲや体にある感覚を感じ取る器官で獲物やルアーの位置を掴んでアタックしてきます。

 

視力がわるいと思える事はこの辺りなのですが、もちろん全く見えていないわけではありません。

 

感じるのはミスバイトが多いのはどちらかというとデイゲームよりもナイトゲームの方で、

視力でアタックする時、夜はナマズにとってルアーが視えずらいのではないかと

感じています。

 

 

今回釣れましたナマズの顔の写真を見ていただけるとよく分かるのですが、

ナマズの口は大きく、口の両端の上の近い位置に目があります。

 

バスやシーバスなどは目の裏の口の中の部分が固く、目や目の付近を貫通する心配はないのですが、

ナマズは違います。

 

目の裏の口の中がやや柔らかく、口の端でルアーを咥えると目の位置に貫通することがしばしば

あるのです。

 

 

今まで目の付近を貫通したのはどちらもダブルフックでした。

 

標準で付いているので安心して使用してしまいますが、ナマズ用ルアーは大体

フック変更やスプリットリング追加などカスタム、チューニングが必要です。

 

また、チューニングを前提としたルアーを製作しているメーカーが多く感じます。

 

 

なぜこのダブルフックがナマズの目を傷つけやすいというと、

 

シャンク(針の胴部分)など刺さる部分も針が長いからです。

 

シャンクが長いとナマズの口の奥に届くことになります。

 

刺さる部分が長いと深く魚体に針が刺さることになります。

 

おそらくこれが大きめのダブルフックの問題点なのかなという結論に至っています。

 

 

折角こんなよく見るとかわいい顔をしたナマズくん。

そしてリリースして長く生きて繁殖し、ずっとナマズ釣りを楽しむには

魚体をできるだけ傷つけないようにしなければなと思い、対策しました。

 

対策というのは至って簡単。

 

以前の記事にした通り、すべてのルアーをフロントフックもリアフックもシングルフックを使用する事にしました。

もちろん全部バーブを潰しています。

 

ウィードのあるエリアではウィードレス効果も高いダブルフックがとても有効なのですが、

自分は極力、ダブルは使用しないことに決めました。

 

自分はシングルフックを2個付けにしています。じゃあダブルと同じでは?

そう思われる方もいると思いますが、シングルの2個付けでナマズの目を

傷つけそうになったことはほとんどありません。

 

フックが逆向きになっていますしシャンクもダブルフックよりも短いので、

目に触れません。必ずシングルフックに掛かった場合はアイが糸ではなく

固い金属なのでナマズ画像2枚目のように2個付けしたどちらかのフックに掛かるという感じです。

 

シングルフックに変えたナマズルアーたちです。

 

 

IMG_20160422_185147.jpg

 

IMG_20160422_185208.jpg

 

IMG_20160422_185226.jpg

 

IMG_20160422_185233.jpg

 

IMG_20160422_185338.jpg

 

IMG_20160422_185312.jpg

サイズや長さの違うシングルフックを2個付けにしています。桜鱒釣りでもよく使われる

シングルフックの方式です。

 

このシングルフック2個付けでも自分はフッキング率が愕然と落ちたという感じはまったくなく、

過去記事のように至って普通にフッキングしています。

 

現在、昔買ったシーバス用シングルフックを使用していますがストックがなくなったためにこれからは

桜鱒用のシングルフックを使用することを予定しています。

 

おそらく2個付けにして使いたいですが2個付けか1個付けどちらが

ナマズにとっても安全でフッキング率も落ちないかも試してみたいです。

 

IMG_20160422_185420.jpg

 

そういえばこの画像のルアー、ジッターバグを買いました。昔からの憧れの強いルアーです。

 

ケミホタルも装着できてラトル入りのモデルです。

 

ジッターバグ トワイライトチューン 5/8 チャドー というモデルです。

 

これもシングル化!

 

一番初めの黄色と赤のルアー、ハードコアノイジィーJr ナマズSPだけトリプルフックですが、

 

シャンクが短いのでトリプルはダブルフックよりもナマズの目を傷つけにくいはずです。

 

シングルよりもダメージは多いかもしれませんが、ダブルよりもよいはずです。

 

ナマズ用に専用設計されたダブルフックがありますが、自分は使用したことがありません・・。

自分が見つけたものはシャンクもゴムで覆われていて深く刺さる事はなさそうなので

いつか試してみたいです。

 

自分がナマズ釣りに向いたフックはシャンクや針先が短いものだという結論に至ったために

これからはシングルや小さめのトリプルにしようと思いました。

ナマズは引っこ抜きランディングをする場合、フックにパワーが必要です。)

 

小さめだったら普通のダブルでもよいのかな。などとも思いますしいろいろ試してみたいと

思っています。

 

日本古来の魚ナマズ。最近ナマズが産卵のために入る水路などが減ってきていると感じます。

 

釣り人にもナマズにもやさしい釣りを。という事で考えてみました。

 

長文、読んでいただきありがとうございます。

 

このルアーたちでENJOY NAMAZU GAME!してゆきます。(^-^)

広告を非表示にする