読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BLUEONEBIRDBLOG

漫画や釣りの話題など。

タレックスレンズについて語ってみます

釣り道具

f:id:blueonebird:20160520190408j:plain

いつも釣りに使用しているサングラス、タレックスのレンズのカラーについて書いてみようと思います。

 

タレックスといえば愛用者が多い偏光サングラスですよね。

 

 

自分が持っているレンズカラー3色をご紹介させていただこうと思います。感想なども少し。

 

まず初めに買ったレンズカラーがラスターブラウンです。

f:id:blueonebird:20160520190407j:plain

当時よくバス釣りをしていたのですが、その時におすすめされたレンズです。

ブラウンというだけあって茶色味、若干赤味が強いレンズで幅広い天候にも対応しています。

 

バス釣りにおいては緑のウィードと魚を見分けやすいと聞きました。

タレックスのホームページでも釣りに推奨されているカラーでもあり、タレックスのレンズカラーのグループの中でもシャープで立体的に見えます。と記載されてあります。

 

感想としてはコントラストが強い感じで、水中のものやいろいろなものがくっきり、はっきり見えます。

 

とにかくもののコントラストを強めて見たい場合はこのレンズだと思いました。

魚とものがはっきり分けて見える感じです。

 

 

次に買ったのがエアリーグリーンというレンズカラーです。

 

深緑色のカラーです。

 

ラスターブラウンを購入する前は、この色を買おうと思っていました。

 

ラスターブラウンがコントラストが強くはっきり見えるのでちょっと落ち着いたレンズカラーが欲しいなと思い買ってみました。

 

ホームページでは強い光を落ち着きのあるマイルドな光へ。とある通り、自分はとにかくエアリーグリーンが一番落ち着きます。

 

視野が若干緑系になり、森の中にいる感じです。

f:id:blueonebird:20160520190409j:plain

 

自分の持っているエアリーグリーンはクリップ式、跳ね上げ式のレンズです。

 

お店で跳ね上げ式のものが欲しいんです。と相談したところ、タレックス専用のもののフレームの在庫がたまたま残っていたそうで、それで作っていただいたものです。

 

単体だとこんな感じです。

f:id:blueonebird:20160520190411j:plain

 

跳ね上げするとこんな感じです。

f:id:blueonebird:20160520190410j:plain

 

タレックスレンズの中では釣りには推奨されていないカラーではありますが、自分の釣りのメインのレンズカラーになりました。

 

とにかく緑は目に優しいので持っている3種類の中では一番疲れません。

 

跳ね上げ式なので、デイゲームナイトゲームをする時にも便利で日差しが強い時にはレンズオン。夜になって暗くなったり、一旦カラーなしで見る時に跳ね上げるという使い方もできるのでお気に入りです。

 

 

ラスターブラウンは度入りなのですが今度はクリップ式ではないタイプの度の入っていないサングラスが欲しくなり、どのカラーにするか迷いました。

 

この時の候補はグレー系と決まっていたのですが、タレックスレンズはグレー系といっても様々なカラーバリエーションがあります。

 

候補はトゥルービューかトゥルービュースポーツの2種類。

 

トゥルービューはタレックスレンズの元祖と呼ばれているそうで、トゥルービューからいろいろなカラーが分岐して生まれていったそうです。

 

なので店員さんに聞くと、まずお客さんに推奨するのがこのカラーなのだそうです。

 

トゥルービュースポーツはトゥルービューに茶色味を加えたカラーで、釣りにも対応しているカラーです。

 

最初に買ったラスターブラウンは茶色味が強いカラーですが、このトゥルービュースポーツはラスターブラウンよりも茶色味が薄い感じで、その分コントラストもラスターブラウンよりもナチュラルな感じです。

 

タレックスのホームページではナチュラルでありながらもコントラスト性能があり、あらゆるスポーツシーンに対応するオールマイティなカラーだとあります。

 

トゥルービューがナチュラルな視界なのに対して、スポーツの方はそのナチュラルにコントラスト性能とブライトネスと呼ばれる明るさ性能も持ち合わせているレンズ。

 

この時、レンズは一本で対応させていこうと思っていたのでこのオールマイティという性能にひかれてトゥルービュースポーツを選びました。

 

このレンズ一本で様々な釣りに対応させているアングラーもいるくらいの本当にオールマイティなレンズカラーで、自分も実際に釣りで使用してみて様々な天候に対応できるなという印象です。

 

とにかく目にもやさしく、一日釣りをしても目が疲れません。

 

ラスターブラウン、トゥルービュースポーツは日中のドライブにも最適なレンズとされています。

 

自分も釣行時などのドライブはトゥルービュースポーツか、エアリーグリーンです。

 

本当はエアリーグリーンはタレックスサイトでは日中のドライブには推奨されていません。

 

しかし今のところ自分は緑系が一番好きなので、釣行時も運転時もエアリーグリーンが多いです。

 

レンズに関して言えるのは、そのレンズと同じカラーがくっきりと見えるという事です。

 

茶色いラスターブラウンと茶色味のあるトゥルービュースポーツは茶色が他の色よりも強く見えます。

 

水中で言うとボトムの茶色がよく見えるので、ウィードや魚との区別がつきやすい感じです。

 

トゥルービュースポーツは色味に関して言うと、自分の印象では緑色味も入っていると感じたのですが調べてみると、やはりイーズグリーンという緑系のレンズカラーの要素も入っているそうです。

 

となると、ウィードもボトムもくっきりと見えるトゥルービュースポーツがどれだけ万能なカラーかが分かってきました。

 

トゥルービューはナチュラルに特化した万能カラーなのだそうですが、釣り人にはナチュラルさもあり、尚且つトゥルービューよりもコントラストもブライトネスもあるトゥルービュースポーツがやっぱり合っていると感じました。

 

もちろん、トゥルービューは釣りにも推奨されているカラーで、釣りに使用されている方もたくさんいると思いますが、トゥルービューがある意味で進化を遂げたのがスポーツの方です。

 

自分が今一番愛用しているのがクリップタイプで購入したエアリーグリーンですが、緑のレンズなので緑が一番くっきりと見えます。

 

バス釣りで言うと、緑のウィードがはっきりと見えます。

 

なぜタレックスさんで釣りに推奨されていないか考えたのですが、淡水の緑のウィードや海での緑の海面がはっきり見え、レンズ自体が緑なのでそれらが同じように見えてしまうからなのではないかと思いました。

 

その点で言うと、ラスターブラウンは茶色味、赤味がある色なので雨後の濁り時には水の色と同化します。

 

トゥルービュースポーツも茶色味がありますが、ラスターブラウンよりもブラウン色は抑え目なので雨後の濁りはラスターブラウンよりも見えやすく感じます。

 

なので、基本は緑系レンズが好きなのでいつもエアリーグリーンですが濁りのない時にはトゥルービュースポーツか、ラスターブラウン。濁りの少ない時にはトゥルービュースポーツ。濁りの強い時にはエアリーグリーン。

 

という選び方をしています。レンズカラーに関しては釣り人によっていろいろな選び方があると思いますが、今持っているこの3色に関して自分はこういう使い分けをしています。

 

自分の持っているものは主に晴天用のレンズカラーですがタレックスには晴天時以外、間詰時やナイト用の釣りなどに使用できるカラーがあります。

 

次に買う時には緑系で曇りの日や間詰時にも使用でき、ブライトネスが高いイーズグリーンを買おうと思っています。

 

タレックスのレンズの性能に関して言いますと、タレックスを使用すると他のレンズは使用できなくなると聞く位で、自分もずっと愛用させていただきたいと思っています。

 

本当に水面のぎらつきが解消されて、自然の中でも管理釣り場でも魚の動きがよく見えます。

 

管理釣り場バス釣りなどのサイトフィッシングには欠かせません。

 

一度他のメガネ屋さんのサングラスをかけて釣りをしてみたのですが、ぎらつきの抑えや、目の疲れにくさがタレックスレンズと比べて全く違い、タレックスからそのレンズには本当に戻れなくなりました。

 

いい釣りや快適なドライブなどにはタレックスレンズは本当におすすめできる偏光レンズです。

 

いつもタレックスを買い物する時にお世話になっているのがめがね補聴器セガワさんです。

 

店員の皆さんがいつも感じがよくてお店にも入りやすく、気持ちよくメガネやサングラスのいろいろな相談に乗っていただいています。

 

これからサングラス、偏光レンズを買おうと考えている方、タレックスの購入を考えたことのある方はセガワさんをぜひおすすめさせていただきたいですね。

 

フレームの持ち込みもできるので、自分はクリップ式以外の2本とも昔買ったメガネのフレームでサングラスを作っていただいています。

 

料金はフレーム持ち込み、ハードマルチコートという傷つき防止と反射、映り込み防止が付いた種類のレンズ料金で一万円ちょっと位だったと思います。

 

度付きレンズはオプション料金が追加されますので自分は度なしのトゥルービュースポーツはコンタクトレンズと一緒に使用しています。

 

ちなみにコンタクトはシードのスカイです。いわゆる使い捨てではないソフトコンタクトレンズなのですが5000円位です。たまに眼科に行かなくてはなりませんが、メガネとあんまり価格も変わりません。

 

シードスカイも自分はお気に入りで使用しています。

 

タレックスレンズを持って釣りに出かけてみてはいかがでしょう。

語ってしまいましたがそんなアイテムでした。

 

広告を非表示にする