読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BLUEONEBIRDBLOG

漫画や釣りの話題など。

初秋のナマズ探しへ

f:id:blueonebird:20160912041426j:plain

秋の季節を感じ始められるこの頃です。

 

残暑はまだ残っていますが、大分収まってきました。

 

 

散々ボウズをくらった今年の夏のナマズ釣りでした。

そろそろナマズが釣れないか。

 

そうもどかしい思いがしている頃です。

 

そんな中、釣り仲間が場所を案内してくれるという事で

ナマズ釣りに行ってきました。

 

合流し、3人で水辺を歩きます。

 

話しをしながらポイントを探します。

 

ここへナマズ釣りに来たのは去年以来。

 

 

日が暮れてゆきます。日がだんだん短くなってきていますね。

 

そんな暗がりの中、状況や釣りの話などを話し合います。

 

貴重な感じのする時間です。

 

 

ここではだめでした。

 

案内してくれた釣り仲間の方とここで別れます。

 

聞くところ、水位など状況によって出る時と出ない時の

タイミングが難しいのだそうです。

 

魚はいるそうですが難しいポイントですね。

 

 

場所を移動します。

 

ラストのポイントという事で帰り際、春にナマズの調子がよかった所へ。

 

状況を観察します。

 

水の状況によっては反応の差が大きく分かれるポイント。

 

今日は大丈夫そうです。

 

 

駐車し、用意していると仲間のいる辺りからバシャッ!と

音が聞こえます。

 

もしかして釣れてる!?

 

ヒットです!

 

近くに行くとナマズの姿を確認。

 

久々にナマズの姿を見れました。

 

バイトかしてきて追尾してきたそうです。

 

見ていて自分も嬉しい一本。

 

 

自分もここからキャストしてゆきます。

しかし反応はなし。

 

初め入ったポイントで出た釣果。

 

多分いけるか?

 

自分は春に初ナマズを釣った場所へと足が向いていました。

 

この状況。

 

おそらくナマズが入っているだろう。

 

反応はなし。

 

しかしボイル音が遠くの方で聞こえます。

 

進んできた仲間もボイル音を聞いたといいます。

 

魚はいる。俄然やる気が出てきます。

 

どんどん水路を進んでゆきます。

 

いつ出るか。そんな状況。

 

 

結構進んできたのでそろそろ戻りながらキャストするか。

 

ピッチングで近距離を狙ってゆく釣りをしていましたが、

オーバーハンドで遠くにキャストした時の事です。

 

着水と同時にボシュッという吸い込み音と、水面を割る音!

 

ナマズの派手なバイトです。

 

これはルアーに乗ってるだろう。という感じの勢い。

 

緩めたラインを巻きとると重さが案の定乗っています!

 

フッキング!

 

ナジーチョイスがぐんにゃり曲がります。なかなかの重さ。

魚がいいサイズである事を確信。

 

どんどん巻きます。ときたまスッという嫌な感覚。

抜けたか。巻くとまだ魚の重さが感じられます。

 

自分のいる方向へ泳いだ時の反応のようです。

 

手前まで来てバシャバシャと水しぶきを立てます。

久々に掛けれた魚。抜き上げ!

 

草原の中に上げました。なかなか会えなかったけど

やっと遭遇。ナマズです。

 

f:id:blueonebird:20160912040637j:plain

 

 

f:id:blueonebird:20160912041426j:plain

 

f:id:blueonebird:20160912041448j:plain

 

60cmジャストくらいでした。

 

この一本まで長かった~。

 

ボイル音を聞いた辺りでのヒットでした。

あのボイルはおそらくこの魚?

 

ありがとうリリース。元気に泳いでゆきました。

 

 

その後、戻りながら釣りしますが8時くらいになり、終了しました。

 

ナマズ釣りの楽しさを再確認できた一日でした。

 

秋のナマズ釣り。また出かけてみようと思います。

 

 

タックル ロッド ジャッカル ナジーチョイス NAC-70M

     リール シマノ 05カルカッタ200

     ライン シーガー マルティア PE4号 

     リーダー デコイ 鯰リーダー 5センチ

     ルアー スミス キャタピー ピンク/イエロー

 

広告を非表示にする